• 2021年8月28日
  • 2021年8月28日

【書評】マッキンゼーで学んだ「段取り」の技法

最高のアウトプットを出す思考法、『ミニマム思考』 今回は大嶋祥誉さんの著書『マッキンゼーで学んだ「段取り」の技法』を紹介します。 マッキンゼーでコンサルタントとしての経験を持つ著者の大嶋祥誉さんは、 そのハイレベルな環境において思考と技法を叩き込まれ […]

  • 2021年8月21日

【書評】無—MU—(最高の状態)

人類はみな”生まれつきネガティブ”である 今回はサイエンスライターの鈴木祐さんの著書『無(最高の状態)』を取り上げます。 鈴木さんは世界中の様々な研究・論文から裏付けされたデータをもとに、 心身の健康のためのブログを書いている […]

  • 2021年8月14日

【書評】教養としてのギリシャ・ローマ

なぜ米国の一流大学はリベラルアーツを重視するのか 今回は中村恥一さんの著書、『教養としてのギリシャ・ローマ』を紹介します。 本書では米国の大学ではリベラルアーツが重視されている点、 そしてその理由がまとめられており、知的欲求を刺激してくれる本です。 […]

  • 2021年8月7日

【書評】自由闊達にして愉快なる:井深 大

新しい分野を開拓してゆく事こそ、ソニーの進むべき最善にして 唯一の道であると、私は確信している。 本書から引用 今回はソニーの創業者である井深大さんの著書『自由闊達にして愉快なる』を紹介します。 『私の履歴書』という連載の中から再掲したもので、井深さ […]

  • 2021年7月31日

【書評】京セラフィロソフィ:稲盛和夫

心が全ての根源であり、種子であって、そこから木が育っていくように、 あらゆることが生じていったのです。 今回は京セラ創業者の稲盛和夫さんの著書『京セラフィロソフィ』を紹介します。 稲盛さんは松下幸之助さんと似た考えを持っており、日本の成長を支えた一人 […]

  • 2021年7月24日
  • 2021年7月22日

【書評】プロフェッショナルの条件:P.F.ドラッカー

今回はマネジメントで有名なP.F.ドラッカーの著書、『プロフェッショナルの条件』を扱います。 仕事に対するプロ意識というより、 『自分という箱の中でどのように自分のプロフェッショナルになるか』 ということを示唆してくれる本だと感じました。 もちろんそ […]

  • 2021年7月17日
  • 2021年7月16日

道をひらく|松下幸之助

経営の神様と言われる松下幸之助。 日本の成長があったのは松下幸之助のような偉大な経営者のおかげとも言えます。 今回紹介する『道をひらく』は1968年に発売され、2014年に累計発行部数520万部を達成したベストセラーです。 本書は文章が続いているので […]

  • 2021年7月14日
  • 2021年7月15日

UUUM 2021年5月期 通期|7月14日

UUUM 2021年5月期 通期決算|7月14日発表 売上高:244億8800万円(前年比+9.0%) 営業利益:8億1500万円(同-17.9%) 経常利益:8億5500万円(同-8.3%) 純利益:5億4900万円(同+53.0%) URL:ht […]