Spotify戦略分析

私も愛用する音楽ストリーミングサービスSpotifyの成功要因をフレームワークを用いて分析します。

成功要因

初めに、結論から述べるとSpotifyの成功要因は

サブスク特有のユーザーを集める施策とテクノロジーによる高品質なUX

と考えます。

以下でそれを深掘りします。

Spotify Technology

事業内容:音楽ストリーミングサービス

代表:DanielEk

総資産:€80億3700万(2021.3.31)

2021年第1四半期決算(2021年4月28日発表)

  • 売上:€21億4700万(前年同期比+16%,恒常通貨ベース:+22%)
    • プレミアム収益:€19億3100万(同+14%,同+19%)
    • 広告:€2億1600万(同+46%, 同+57%)
  • MAU:3億5600万ユーザー(前年比+24%)
    • プレミアムユーザー:1億5800万人(前年比+21%)韓国の伸びが大きかった。

分析

PEST分析

  • Spotifyが出てきた当時、音楽の違法ダウンロードや海賊版アプリが蔓延しており、アーティストに正当な報酬を支払う環境ができていなかった。
  • 音楽業界はCDによる売上増加を見込む
  • スマホを持つようになり、音楽は持ち運ぶものへ

3C分析

  • アプリで提供することで従来のようにCDからスマホにダウンロードする必要がなくなった
  • 無料での提供もあるため試すことが可能

STP分析

  • 差別化としてはプレイリストの豊富さやおすすめ曲などのAI機能
  • またアプリ内で音質の選択、イコライザの変更を加えることができる

4P分析

まとめ

最新の決算を見るにプレミアムユーザーの増加が目を見張るものがあります。

これは韓国市場の開拓によるものが大きいそうです。

Spotifyはサブスクリプションサービスですのでどのように体験してもらい、プレミアムユーザーを維持することが重要になります。

施策として、初月無料や3ヶ月100円などで体験のハードルを下げています。

これは非常に重要で、プレミアムユーザーになると、プレイリストの作成や広告のない曲間、高音質・ダウンロード可能などの機能が使えます。

そして無料ユーザーに戻るとその機能が使えなくなるのです。

不自由な無料プランに切り替えることが惜しく感じるのです。

私はせっかく作ったプレイリストがなくなってしまうことが嫌で、プレミアム継続をしたのを覚えています。

どのようにユーザーを惹きつけ、維持するのかが学べる良い事例だと思います。